リツイートを違法とする最高裁判決は正しいと言えるのだろうか?

社会
この記事は約4分で読めます。

本日、日本の最高裁判所において、著作権を違反した画像ツイートをリツイートする行為について違法性があるとの判決が出されました。
判決文は、こちらからご覧ください。

Twitter上で画像のあるツイートとリツイートする場合、タイムライン上では画像がトリミング(画像の一部カット)されます。
これが著作物の改変にあたり、またトリミングされることによって著作者表示が消えてしまうこともあるため、リツイートであっても著作権法に違反しているとの判断だそうです。

法律的な理屈は分かるのですが、今回問題となった画像はスズランの写真です。
別に法律的に問題のある写真をリツイート機能を使って意図的に拡散したわけではなく、綺麗な花の写真を単純にリツイートしただけなのです。
Twitterをやったことのある人なら、可愛い動物の画像や時間の短い面白い動画などに対して、リツイートをしたことがある人も多いことでしょう。
リツイートによる拡散力で、様々なことが大きな話題になるのは現在社会において珍しいことでも何でもありません。
このように、リツイートは現在のTwitterでは至って当たり前の行為になっている状況が伺えます。

このリツイートについて、リツイートする側は元のツイートが、著作権上問題があるかどうかは分かりません。
今回の判例も、スズランの画像を単純に良い写真だなと思ってリツイートしただけの可能性が高いと思われます。
こういった部分まで違法と判断するということは、今後、少なくとも画像のあるツイートは(違法である可能性があるため)リツイートできないと言っているに等しくなります。

もちろん、本人が上げている画像や動画に対しリツイートする分には問題ないですが、そのツイートやアカウントが本人のものであるという補償なんて誰にもできません。
Twitterでは著名人に『レ点マーク』が付く仕様がありますが、本人以外のアカウントに『レ点マーク』が付いたり、本人のアカウントがパクリと認識されて削除されたなんてケースも聞いたことがあり、100%安全だと確信をもってリツイートすることは不可能です。
安全を保証できない以上、Twitter利用者はリツイートをしないという極端な選択を選ばざるを得ない状況に陥ることでしょう。

また、今回は画像の著作権に関する裁判でしたが、文章だって同じように誰かの文章をパクってツイートしているかもしれないわけで、文章ツイートに対してもリツイートすることは危険を伴うことになります。
以上のように、日本の司法はリツイート全般を違法と判断したに等しいわけです。
このことに対する善悪の判断は分かりませんが、世界的に見ても稀な判例かと思います。

さて、今回の判断を下し裁判長の名前と年齢を以下に列挙します。

戸倉三郎、65歳
林景一、69歳
宮崎裕子、69歳
宇賀克也、65歳
林道晴、63歳
※林景一裁判官は今回の判決について反対の立場をとった

年齢差別はしたくないですが、全員60歳を超える裁判官がインターネットに関する諸問題を判断するのに適切なのでしょうか?
インターネットの世界は、現実社会よりも何倍何十倍もの速度をもって変容していきます。
数年前に流行したサービスが消えてなくなることすら当たり前の世界のことを、高齢な人間だけで判断することには違和感を感じざるを得ません。
かといって、最高裁判所の裁判官にまで出世するには時間がかかるでしょうから、どうしても最高裁判官の裁判長は年齢が上がってしまいます。
このように、日本ではインターネット文化やプログラミングの中身をまるで理解していない裁判長が、世間感覚と大きくズレた判決を出し続ける可能性が今後もあるわけです。
日本の法律に関する最高の意思決定機関でこのような現実と大きくズレた判決が続けば、日本のインターネット文化は衰退していき世界の遅れをとります。

これを是正するには、政治の力を持って法律を変えるしかありませんが、現在の政権は国民に対し抑圧的で、実際に国民の自由を脅かすような法律がここ数年でいくつも成立しました。
そのため、今回のような国民の自由な行動を規制するような判例に対して、現政権はあまり関心がないと思われます。
更にこの政治的状況は、今後もそう簡単に変わりそうもないのが現状です。
結果として、今回の例以外にもインターネット文化の委縮させるような判決が今後も出され、ただでさえ世界的に遅れていると言われる日本のインターネット文化が衰退していくかもしれません。
その結果、日本は目に見えないような経済的なダメージを負いかねないような気がします。

今回はここまでとしますが、著作権については思うところがあるので、今後も当ブログで取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました