日本人は新型コロナウイルスを恐れていない? 今やるべきことは医療崩壊対策か?

医療
この記事は約1分で読めます。

今週の『Mr.サンデー』で、お笑いコンビ“爆笑問題”の太田光さんが、新型コロナウイルスの状況について

『恐れるべきはウイルスなのか医療崩壊なのか』

という質問を投げかけ、共演していた医師は明白にウイルスを恐れるべきだと答えていました。
しかし実態はどうでしょう?
政府は経済的懸念から感染防止対策に消極的で、自治体の足並みは揃わず、企業の出勤停止は進まず、市民は街に溢れ休日になれば公園が人でごった返しています。
つまり、政府、自治体、企業、一般市民、みんな揃って新型コロナウイルスを本気で恐れていないのです。
であるのなら、感染拡大防止などといった対策をいくら行っても意味はないでしょう。

この状況を考えると、もはや感染拡大を抑え込むことは諦めて、ひたすらに医療崩壊対策を行うしかないのかもしれません。
現在の日本国民の行動を考えれば、

体育館を発熱外来に
ホテルを軽症感染者の入院施設に
軽症段階でアビガンの投与
医学生や看護学生を実習名目で現場投入

などなど、医療崩壊を防ぐことに労力を費やすべき段階に来ているような気もします。
少なくとも私は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止することに対しては匙を投げたいと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました