日韓関係が最悪な状態で来日する韓国人に対して日本人はどう接するべきか

国際
この記事は約2分で読めます。

韓国の大統領に文在寅氏が就任以降、日韓関係は悪化の一途を辿り、日本側が半導体製造素材に対して輸出優遇措置の解除してからは過去最悪のレベルとなっています。
こんなときに日本へやってくる韓国人に対して日本人はどうやって接するべきでしょうか?

私は、韓国人だからといってサービスを低下させたり無視したり、ましてや罵ったりするのではなく、通常通りに海外からの来客者としてもてなすことが重要だと思っています。
むしろ今まで以上の“おもてなし”の心をもって接したほうがいいかもしれません。
現在の韓国国民は、日韓両国の関係悪化から日本へ来ることを不安視していて、場合によっては韓国人であることを理由に日本で何か良からぬことをされるのではないかと心配しています。
そんな韓国人観光客に対して日本人が優しく接すれば、彼ら彼女らはきっと拍子抜けするすることでしょう。
そして自分たち、もしくは自分たちの仲間が現在行っている日本製品の不買運動やその根底にある反日的な考えが、誤っていると知るきっかけになるはずです。

日本政府は政治的立場で韓国と対立していますが、こんなときだからこそ、民間は民間の立場で親日的な韓国人を増やす努力をするべきかと思います。
そういった努力が、現在の韓国国民が行っている反日的な行動や思考を止める手助けになるはずです。
もちろん韓国に行ってわざわざ韓国人と交流をもったりする必要はありませんが、こういった状況下でも日本に来た韓国人ぐらいとは仲良く過ごすべきですし、そういった良識をもった行動が日本の利益にも繋がります。
もし感情のままに韓国人に対して嫌がらせなどをすれば、ちょっとしたことでも韓国側で大きく報じられかねません。

以上、来日韓国人に対する日本人の行動として注意喚起したいと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました