オウム死刑囚の死刑執行で考える日本の死刑制度

社会
この記事は約4分で読めます。

オウム真理教に関わる犯罪の死刑囚13人の死刑が今月中に全て執行され、日本のみならず世界中でも大きく報道されました。
現在、先進国で死刑を執行している国は日本とアメリカの一部の州だけと言われており、ヨーロッパではEU(欧州連合)へ加入する際に死刑の廃止を条件になっているほど、国際的に死刑は廃止の流れとなっています。
しかし日本では、世界の潮流とは別に80%程度の国民が死刑を容認するというアンケート結果も出ているそうです。

私の死刑に対する意見は『どちらかと言えば反対』というもので、以下でその考えに至った3つ理由について説明していきます。

冤罪リスク

1つ目の理由は、冤罪リスクの問題です。

日本では刑事事件で起訴された者は99%以上有罪となり、刑事裁判が正しく機能しているとは言えない状態となっています。
このような国で死刑制度を採用することには、いささか問題があるかと思うのです。

有罪率が99%以上ですと、裁判官の判断よりも警察と検事の判断で犯罪者を決定しているに等しいと言えますが、警察や検察が常に正しい存在であるとは限りません。
世界を見渡せば、警察組織が汚職まみれなんて国はいくらでもあり、歴史的に見ても警察が独裁者の親衛隊として悪の限りを尽くした例などは多々あります。
日本でも1960年代ぐらいまでは警察の捜査はめちゃくちゃで、冤罪もとても多かったと言われています。
当然、死刑になるような事件は慎重に捜査・起訴するのでしょうが、死刑執行してしまうと後で何らかの問題が生じたときに取り返しがつかないので、現在の日本では死刑を採用することが適切だとは思えません。

税金の無駄

2つ目の理由は、税金の無駄という問題です。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました