将棋の駒の性格を考えてみた。

将棋のゲーム性
この記事は約1分で読めます。

8種類の将棋の駒の性格を、人間に例えて考えてみました。

歩兵

一歩一歩確実に前に進む性格で、結婚するならこういうタイプがいいかも。
徒党を組むのが好きで、仲間がとても多い。

香車

真っすぐな性格だが、諦めが早い。
1つのことに集中するオタク気質なところがあり、何かの研究者などに向いているかも。

桂馬

非常に自由な発想をする性格で、芸術家や芸能人などに向いているかもしれない。
一方、一般人にはなかなか理解しずらい傾向にある。

銀将

中間管理職的なタイプで、なんでもかんでも任される傾向にある。
誰からも頼りにされる性格。

金将

1番偉い人の周りでウロチョロしているタイプ。
守りに徹する傾向があり、あまり攻めた人生は送らなそう。

角行

かなりの大物だが、物事を斜めからばかり見る性格で前が見えていない。
ただし、勝負のためなら刺し違える覚悟は人一倍ある。

飛車

超大物のスーパースター。
前後左右隙のない性格。

玉将・王将

全ての者を従わせないと気がすまない自己中心的な性格。
超ワガママで自分さえ良ければいいと思っている。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました