麻雀から運要素を減らす④ ツモ和了りの点数調整ツモとロンのバランス

麻雀の競技性
この記事は約3分で読めます。

麻雀にはツモ和了りとロン和了りがあることは言うまでもありませんが、この2種類の和了り方も多少は麻雀の運要素に影響しています。

ツモ和了りは、人の考えを介さないツモ山から引いてくる牌で和了ります。
これは偶発的な運的な要素が高い和了り方と言えるでしょう。
一方、ロンは人の読みが入っているため、戦術的な要素(立直判断も含める)が高くなります。
つまり、ツモ和了のほうが運要素が高いわけです。
ですので、戦術的な面を考慮すれば、運要素の高いツモ和了りよりロン和了りのほうが点数的に上でもおかしくありません。
しかし実際にはツモ和了りのほうが点数が基本的に高くなります。
このように運的要素が高いほうの点数を高くしていたら、当然、麻雀の運要素は上昇してしまいます。
ツモ和了りのほうが確率的に難しいので、ロンを極端に優遇する必要はありませんが、同じ程度か若干ロンを高くしたほうが戦術面が上昇し運要素が下がると思われます。

そもそもツモ和了りがロン和了りより高くなる原因は、門前でツモ和了りした場合につくメンゼンツモという1翻の役にあります。
このメンゼンツモという役を廃止すれば、ツモ和了りが優遇される問題は解決されます。
しかしメンゼンツモを廃止してしまうと、メンゼンツモだけの手が和了れなくなるという新たな問題が出現します。
テンパイまで完成しているが、手代わりを待ちたいときや守備的に打ちたいときなど、メンゼンツモだけでで和了る場面は多々あるかと思います。
相手の大物手をメンゼンツモだけで役で回避するのも麻雀の戦術の一つなので、メンゼンツモを廃止してしまうのは考えものです。
となると、メンゼンツモの1翻も維持しなければならず、何ら問題解決できません。

しかし、この問題は解決策があります。
それはメンゼンツモは他の役と複合しないようにすればいいわけです。
つまりメンゼンツモはメンゼンツモのみでしか有効でない1飜だけの手にすれば、他者の大物手回避のため立直をせずに状況を見極め、当たり牌がきたときだけメンゼンツモの役で和了るという手段が今まで通り使えたまま役の複合時におけるツモ和了りの優位性を下げることができます。

このことでピンフだけのツモ和了りが1翻になるので、新たに以下にある20符1翻の計算を覚える必要があります。
20符1翻の点数表

子の場合200点400点
親の場合400点オール

ツモ和了りにはもう1つ加点されるものがあります。
それは、ツモ和了りにもれなくついてくる2符です。
このツモ和了りの符は簡単に廃止すれば良いという話にはなりません。
ただでさえ複雑な符計算は、触ると大きな混乱を招きます。
実際にツモ和了りに関わる符計算の改良も色々と考えましたが、かなり面倒なことが起こるので符計算はそのままにしたほうが良さそうです。
そもそもメンゼンツモの1翻の複合がなければ、門前ロン10符のほうが優遇されているので、今のままの符計算でも多少ロンが優遇されます。
これでツモの優遇はほぼなくなりロンの方が若干優遇されます。

今まで以上にロンが重要になれば、捨て牌や立直の判断が複雑となりことで戦術面があがり、結果として運要素も下がると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました