私が考えた麻雀の競技性をとことん考慮した麻雀ルール

麻雀の競技性
この記事は約2分で読めます。

麻雀の競技性を高めるために今まで考えてきた点を踏まえ、私が考えた競技麻雀のルールを以下に記したいと思います。
※太字の部分が、主な現行ルールからの変更点です。

基本ルール

喰いタン、後付け有りのありありルール
30000点持ちの30000点返し
親の連チャンなしの東南戦
オカ、ウマはなし
ドラは一切なし(王牌は嶺上牌4枚のみ)
メンゼンツモは他の役と複合しない
ダブル立直、一発、槍槓、嶺上開花、河底撈魚、海底模月はなし
天和、地和は一翻
立直料は500点
聴牌料は場に1500点(2人テンパイは800点払い)
振聴リーチはあり(ロンは不可)
途中流局はなし(カンは4回まで)
4人リーチあり
ダブロンはなし(上家取り)
ツモ番なしのリーチはあり
パオはなし
数え役満はなし
国士無双の暗槓はなし

役の翻数

立直:1翻
門前清模和:1翻(他の役との複合なし)
平和:1翻
断ヤオ:1翻
一盃口:1翻
役牌:1翻
全帯:2翻(1翻)
三色同順:2翻(1翻)
一気通貫:2翻(1翻)
対々和:2翻
小三元:2翻
七対子:2翻30符
純全帯:3翻(2翻)
三色同刻:3翻(2翻)
混老頭:3飜(2飜)
混一色:3飜(2翻)
三暗刻:3翻
二盃口:4翻
大三元:5翻
清一色:6翻(5翻)
三槓子:6翻
四暗刻:6翻
国士無双:倍満
字一色:三倍満
小四喜:三倍満
四暗刻単騎:役満
門前大三元:役満
国士無双13面待ち:役満
大四喜:役満
清老頭:役満
緑一色:役満
九蓮宝燈:ダブル役満
四槓子:ダブル役満
※大三元、四暗刻、小四喜、字一色の複合は役満
※四暗刻は対々和、大三元は役牌3つが必ず重なるので倍満以上になる

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました