競技麻雀における現実的な改善案

麻雀の競技性
この記事は約2分で読めます。
<スポンサーリンク>

このブログでは麻雀ルールに対する改善案を色々提案してきましたが、実現可能なルール変更は

ドラの廃止
連チャンの廃止
王牌の廃止
偶発役の廃止

ぐらいかと思います。
これでどれぐらい運要素が下がるかは正直よく分かりませんが、そこまで大きな効果は望めないかもしれません。

一応、麻雀の運要素を下げることに対して個人的な目標があり、76%と言われる運要素を50%程度にまで下げたいと思っています。
そうすれば100半荘である程度の実力が判明すると考えられ、1年間のリーグ戦でもなんとか運営が可能だと思うのです。
早い話が、実現可能かつ実力勝負の競技麻雀リーグが出来ることを目標としているわけです。
そしてプロ雀士が誇りをもって“実力勝負をしている”と言える状態になってほしいと願っています。
この100半荘というのは、麻雀初の公式リーグ戦と言われる第1回最高位戦の半荘回数でもあり、麻雀界にとってとても意味のある数字と言えます。

ですが、この思いを達成するにはもう少しルールの変更が必要です。
順位点を廃止し完全に着順で勝負するか完全に素点で勝負するかなどの対策も考えつきますが、それでもまだ運要素の是正は足りないでしょう。
おそらく麻雀のルールはもっと抜本的な改革が必要なのでしょうが、そうなると多くの人が受け入れられないルールとなってしまいます。
ただ、明確なメリットがあれば大きなルール変更も受け入れられるかもしれません。

ということで、次回から2回に分けて十分メリットのある麻雀の抜本的なルール改革案を示していきたいと思います。

<スポンサーリンク>
ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました