麻雀から運要素を減らす⑤ ノーテン罰符料の調整

麻雀の競技性
この記事は約1分で読めます。

今まで書いた麻雀の運要素を減らす項目で、ドラや偶発役(一発など)は廃止することを決めました。

その結果、和了りの点数が全体的に下がった点は良いのですが、1つ問題が出てしまいました。
それはノーテン罰符の問題です。
和了り点数が全体的に下がった結果、ノーテン罰符で支払われる点数の比重が大きくなってしまったのです。

ということで、3000点払いのノーテン罰符料を半分の1500点払いにしました。
1人テンパイの場合は500点オール、3人テンパイの場合は500点ずつの支払い。
2人テンパイの場合は750点という麻雀の点棒的に不可能な点数になってしまいましたが、麻雀の点数は100点単位に切り上げるのが基本なので、2人テンパイの場合は800点ずつで問題はないかと思います。

以上、ノーテン罰符の話はこれで終わりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました