麻雀から運要素を減らす⑨ 新しい役を考える

麻雀の競技性
この記事は約1分で読めます。

今回は、新しい麻雀役について考えます。

麻雀というのゲームは、選択肢が少ないと誰がやっても同じような手牌進行となり、結果、配牌とツモという運の比重が大きくなります。
例えば、役が一気通貫しかなければ、誰がやっても同じような進行になることは想像がつきやすいかと思います。
なので、新しい役を作り、役を増やすことは運の要素を低下させることに繋がるかもしれません。
しかし一方で、役が多すぎると役が完成するまでの速度は自ずと早くなります。
その結果ツモ回数が減れば、結局は配牌という運の要素の比重が高くなってしまいます。

役の数と運のバランスは相当複雑な計算をしないと解析できないような話なので、一個人が想像で意見を言っても大きな意味はありません。
実際に役を増やせば運要素は低下するかもしれませんし、新しい役を考えてみるのも楽しい作業なのですが、長い歴史を経て定まった現在の麻雀役に対して新しい役を作っても、受け入れられないのが実情でしょう。

ということで、麻雀の役については基本的に現状のままでいいかと思います。(※ただし偶発役は廃止)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました