麻雀から運要素を減らす① ドラの廃止

麻雀の競技性
この記事は約3分で読めます。

麻雀の運要素に関わるものに、ドラというルールがあります。
今回はこのドラについて考えていきます。

現在は主流でなくなっていますが、競技麻雀のルールといえば一発裏ドラなしが定番でした。
裏ドラがあると、リーチのみの手が裏ドラ3枚で満貫になったりするケースもあり、麻雀の運要素を上げる要因になっていると考えられます。
麻雀(特に日本式のリーチ麻雀)は見えている牌から見えていない牌を予想するという、極めて戦術的なゲームです。
しかし裏ドラは、このような戦術の外にある運に作用された要素であることは説明するまでもなありません。(終盤になればある程度の予想をつけることは可能かもしれませんが)
だからこそ、競技麻雀は元々裏ドラなしというルールが採用されていたのでしょう。

一方で別の意見もあります。
タイトル経験もある日本プロ麻雀協会の武中進プロは、裏ドラをなくしても、運要素は大きく変わらないと主張していました。
裏ドラをなくしても、配牌や表ドラという別の運要素の比率が高まるだけという意見でした。
そこで私はこう考えました。

一層のことドラなんて廃止してしまえ!

ドラが手牌に入るかどうかが運に作用されていることは疑いようもありません。
それによって和了り点が加点されるということは、麻雀の運要素が上がることに繋がります。
そして、ドラにはもう一つの問題があります。
それは手牌進行に関わる問題です。
もしフラットな状況で手牌にドラの役牌が3枚あれば、ほとんどの人が鳴きを多用し手牌進行を早めると思います。
このような早い展開の勝負になると、手役作りの技術よりも配牌の良さなどの運要素の方が重要になってしまうのです。
※ただしドラがある(または見える)ことによって戦術面が複雑になることもあるので、ドラが一概に運要素が上げるとは限らない。

そしてドラには全く別の大きな問題があります。
それは王牌の問題です。
先程も記した通り、麻雀は見えている牌から見えていない牌を最大限に予想するわけゲームで、そこに戦術性が生まれ、その戦術こそが麻雀の実力を表す根本的要素の1つです。
この麻雀の基本的な戦術に対して、どうにもならないのが王牌です。
王牌の予想などしようがありません。

王牌がなくなれば運要素が低くなるわけですが、このことについても簡単に説明をします。
例えば、ツモが5回しかない麻雀なら、勝負は配牌とツモ次第の運まかせになることは理解できると思います。
更にツモが1回だけなら配牌だけの完全運勝負になってしまいます。
つまり麻雀は、ツモ回数を減らせば減らすほど単純に運要素は上がっていくのです。
なので、少数とは言え王牌も使い切ったほうが運要素は下がります。

現状の麻雀では136枚中14枚の牌はツモに使われません。
比率にすると10.3%です。
ドラ表示牌は見えていますしカンが入ることもありますが、ほぼ10%の牌は麻雀というゲームの戦術外にあります。
ドラをなくせば、ツモに使われない牌はリャンシャン牌の4枚だけになり、使わない牌の割合は10.3%→2.9%に低下、結果、牌の透ける率が高くなり麻雀の戦術性も上がります。
ドラ自体そのもの問題と王牌という運要素を高めている問題を一気に解決できる方法は、ドラの廃止しかありません。

以上、ドラを廃止すれば麻雀の運要素は確実に下がるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました