Mリーグは活動停止したほうが競技麻雀界のためだと思います!

麻雀界の話
この記事は約6分で読めます。

新型コロナウイルスの影響で中止されていたMリーグが、今週から再開されました。
これを機会に、今まで書いてこなかったMリーグに対する思いの全て書き切りたいと思います。

移転前のブログではプロ麻雀団体の組織的な問題についても書いていて、多数存在する麻雀プロ団体の実質的な上部リーグを作ってしまうことが、現在のプロ麻雀界における1つ理想系であるとの主張をしました。(本当は団体の統合が理想だがそれは不可能と思われるので)
そしてそれは、中国の囲碁のような企業が運営するプロチームのリーグ戦のような形でしか実現のしようがないとの考えも示しました。
Mリーグは正にそれに近い形で、Mリーグ発足の発表されたときは自分が考えていたものがこんなにも早く実現されるのかと本当に衝撃を受けたことを覚えています。
また、Mリーグがギャンブルの徹底排除を打ち出したことも、とても素晴らしいと感じました。

しかしMリーグのルールは、とても競技麻雀と呼べるものではなかったのです。
以前の記事の中で、競技麻雀は雀荘の麻雀とルールの乖離を図ったほうがギャンブルとしてイメージを払しょくでき、世間にもプロ競技として受け入れられのではないかと書きました。

麻雀に対するギャンブルイメージからの脱却とプロ雀士の在り方
街中にある雀荘で日常的に行われている麻雀と、競技麻雀のルール的な違いは何でしょう? 以下に、わかり易い例を挙げます。 【赤ドラ】 競技麻雀にはほとんどない 雀荘の麻雀にほとんどある 【トビ終了】 競技麻雀にはほと...

しかしMリーグが採用したルールは、『赤ドラあり』という現在の競技麻雀よりも雀荘の麻雀に近いルールだったのです。
これでは、ギャンブル麻雀=雀ゴロの実力者が集まるリーグ戦でしかありませんし、麻雀がもつ運要素の低減も出来ていません。

また半荘回数も80半荘と運を平準化するにはまるで足りず、更に頂けないのはポイント半分を持ち越すとはいえファイナルシリーズを24半荘で仕切り直しことです。(いずれも1期目の半荘数)
これでは運の良さを争っているに過ぎずません。
運の良さを争うリーグなんてジャンケンのリーグ戦と変わらないわけで、ジャンケンのプロリーグなんて誰が見たいのかを考えれば、この半荘回数では競技的に意味がないことは必然です。

ただ、これらの問題以上にもっとハッキリとMリーグ見限った瞬間が私にはありました。
それがドラフト会議当日の1巡目1位で

園田賢プロ

発表された瞬間です。
園田賢プロが弱いなどと言いたいわけではありません。
むしろ強いでしょう。
しかし1巡目1位ではないだろうと思ったのです。

例えば、日本の歴代プロ野球選手で1番の野手を決めるとして、元広島・阪神の金本浩二を挙げたら、良い選手だけど1位ではないだろうと思う人が多数いるはずです。
王貞治やイチローを差し置いて金本浩二が1位になることは実績面からみてあり得ません。
園田賢プロにはこの例と同じような感覚を覚えたのです。
後に聞くところによると、園田賢プロは自身を指名した赤坂ドリブンズの運営会社である博報堂の社員なのだそうです。(現在は退社)
その事実を知ったときに『そんな理由で選手を選ぶの?』と、Mリーグの理念を疑わざるを得ない状況に陥りました。
ドラフトという制度において実力以外で選手を選ぶなんて、もはや競技とは言えません。
そしてその後1巡目で俳優の萩原聖人さん(直前に日本麻雀プロ連盟に所属)が選ばれたときは、呆れてものも言えませんでした。

それでも1年目は1/3ぐらいの放送は観たのですが、2年目に至っては今日に至るまで1回も放送を観ていません。
それは、2年目に行われた主に女流プロを対象としたドラフトが酷いを通り越していたからです。
あまりに実力無視で見た目重視の人選で、

岡田紗佳プロ
丸山奏子プロ

という実績を伴わない女流プロが選手として指名されました。
別に岡田紗佳プロや丸山奏子プロが嫌いというわけではありません。
岡田紗佳プロなどは、プロになる前の日本プロ麻雀連盟の練習会のときからずっと見ているのですから、思い入れも人一倍あります。
しかしその点を考慮しても、もっと実力のある女流プロは確実にいるはずです。
いくら何でも実力軽視しすぎなこの人選には怒りすら覚えました。
麻雀というゲームは運要素が強く実力が分かりづらいという点を考量しても、現在のMリーグの選手構成は滅茶苦茶であると指摘せざるを得ません。

おそらくは、Mリーグのこういった人選に不満を持つプロ雀士は多数いるはずです。
しかし麻雀界がMリーグで盛り上がっているところに水を差すためか、批判を言いずらい雰囲気になっているようにも感じ、それもなんだか気持ちが悪い気がしてなりません。
本来、真剣勝負の競技だったら実力98、知名度1、見た目1ぐらいの割合で選手の選考を決めるもので、実際にどの競技もそうやって決めていると思われます。
野球のドラフトで見た目の良さで選ばれるなんて例はほとんどありませんし、野球の実力と選手の知名度はほぼ比例しています。
一方、Mリーグは、感覚的に実力33.3、知名度33.3、見た目33.3ぐらいの割合で選んでいるように思えます。
こんな実力無視のリーグ戦しか作れないMリーグに携わっている人には、ハッキリ言って競技性をもったプロ麻雀の組織を作ることは不可能です。
そしてこのようなプロ組織では、遅かれ早かれ潰れると思います。

実際に、プロの競技団体は過去に何度も現れては消えるを繰り返しています。
一例を挙げるなら、キックの鬼と呼ばれた沢村忠の活躍で一大ブームを巻き起こした『日本キックボクシング協会』。
もっと最近の例では、化粧品会社のDHAがスポンサーとなり独立した女子のプロボウリング組織『日本女子ボウリング機構(通称:LBO)』、野球の独立リーグ『関西独立リーグ(初代)』なども早い段階で消滅してしまっています。
海外(アメリカ)に目を広げれば、映画にもなった女子のプロ野球リーグや、バスケットのABA(現在ある独立リーグとは違う)なども消滅の憂き目にあっています。
更にエンターテイメント色の強いローラーゲームなんてものもありました。
このローラーゲームは一時大いに盛り上がりましたが、次第に人気は低迷していき、今ではその存在を知っている人も少なくなっています。
このように、競技の理念やコンセプトがしっかりしていないプロ組織は、基本的につぶれるのです。

かつて大流行したK-1では、スター選手を無理やり勝たせるため判定の操作やルール無視を繰り返し、その結果一時的な人気を得ることはありましたが、コアなファンや競技者などに見限られ崩壊していきます。(現在のK-1は別組織)
エンタメ志向なMリーグも、何か問題があればファンは一気に離れるかもしれません。
そもそもMリーグは、AbemaTVが手を引いたらその瞬間に終わってしまう可能性も高く、そのAbemaTVの経営はそこまでうまくいっていないと聞きます。
また、今年度の冠スポンサーである朝日新聞の記者が賭け麻雀をして問題になったことも記憶に新しい出来事です。

以上のことから、Mリーグは1日も早く活動停止することが競技麻雀界にとってプラスだと私は思います。
今は麻雀界が盛り上がっているように思えますが、バブルの崩壊後に起こった日本の状況を考えれば、一時的な興隆がどれほど長い低迷を生むかは一目瞭然です。
傷は浅いうちのほうが治りが早いものなので、Mリーグの運営にかかわった人(選手は除く)が麻雀業界から離れ、1日も早く麻雀界(競技麻雀界)が正しい方向に進んでいくことを期待するばかりです。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました