麻雀に運要素がある根本的な理由③ スピード勝負である

麻雀の競技性
この記事は約2分で読めます。

麻雀はどんなに実力があっても相手に早和了りされてしまうとどうすることもできず、運の良い人が勝つゲームです。
現実的には有り得ないですが、仮に全員が配牌とツモで麻雀牌136牌を最後まで全部使えたとしたら、みんな役満を作れるので運要素はなくなります。
しかし、同じ条件でも誰が1番早く役満を作れるかという勝負なら、配牌とツモという運の良さに大きく左右されるのです。
以上のように早く和了った人の勝ちという麻雀は、運要素が高まる要因になっています。

これを是正するには、最後の牌までツモって高い手を作った人の勝ちにするとか、満貫縛りにして和了りを遅くするなどのルール変更をしないといけないわけですが、そんなルールは現在の麻雀に慣れ親しんだ人にとって到底受け入れられるものではありません。
そのため、このスピード勝負という部分も前回前々回同様に、麻雀というゲーム上、仕方ないところが大きいわけです。

ただ、競技麻雀においても近年主流になりつつある赤アリ麻雀は、スピード勝負を際立たせるため競技麻雀には採用しないほうがいいように感じます。
ちなみに、私が考えた麻雀の競技性を追求したルールでは、ドラ自体を完全に廃止したのでスピード勝負という点でも運要素の是正ができているかと思います。

スポンサーリンク
『麻雀の運要素を考えるブログ』の最新記事
スポンサーリンク
麻雀の運要素を考えるブログ 麻雀の競技性


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
麻雀の運要素を考えるブログをフォローする
著者紹介
麻雀の運要素を考えるブログ

名前:黒士無双
好きな役:純チャン三色、二盃口

【自己紹介】
運要素76%と言われる麻雀に、どうやって競技性を持たせるか日夜考えています。
ちなみに麻雀でお金をかけたことはありません。
御無礼!

ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。
麻雀の運要素を考えるブログをフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました