原発処理水の海洋放流に対する中国や韓国の批判について

国際的問題
この記事は約4分で読めます。

前回、原子力発電のことを記事にしましたが、たまたま昨日も原子力発電に関することが海外の反応サイトで話題になっていたので、今回も原子力発電に関する話をしたいと思います。
昨日話題になっていた原子力発電のことは、福島第一原発に貯められている放射能に汚染された地下水の海洋への放出方法が決まったというニュースに関することで、この件については以前から中国と韓国で批判的な意見が多数挙げられています。
実はこの問題も、前回の記事で指摘した原子力発電に関する日本人と外国人の知識量に違いが大きく関係しているようです。

原発に対する日本人と外国人の感覚的違い
海外の反応サイトで、年代別の日本が使用している電力の比率が話題となっていました。 そこでは福島第一原発事故後に一気に原子力発電の比率が減ったことと、その代わりに主に使われている電力が石炭を使った火力発電だったことが注目を集めていて...

放射能に汚染された水を海を放流するなんて聞いたら、誰だって危険に感じます。
しかし、その実を知れば印象は大分変わってくるはずです。
福島第一原発で発生した放射能汚染水は、当然、放射性物質を取り除く処理をしてから海に流すのですが、この際にトリチウムという物質だけは取り除くことが出来ません。(このトリチウムの件があるため長らく海への放流を決められずにいた)
原子力発電などに知識がない人が、いきなり『トリチウム』なんて聞き慣れない言葉を耳にすれば危険な放射性物質に違いないと感じるのでしょうが、トリチウムは普通の水の中に含まれる物質で飲料用の水道水にすら含まれています。
このトリチウムは水素とほぼ同じ構造なため、水の中からトリチウムだけを取り除くことが根本的に難しく、そのため中国や韓国を含めた全ての原子力発電利用国がこのトリチウムを含む水を普通に海なり川なりに放流しています。

日本が今までこのトリチウム水を放流しなかったのは周辺国への配慮や国内の風評被害(主に漁獲に対する)を避けるためで、安全性に関しては最初から特に問題視されていませんでした。
それを今回、政治的判断で海への放流を決めたわけです。
放流する際は、WHOが定める“飲料水”基準の約1/7までトリチウム含有量を下げるというのですから、一般的な原子力発電所が流している処理水以上に安全と言えます。
下手したら飲料水よりも危険度は低いかもしれません。(飲料用に処理をしているわけではないので飲めるわけではないが)

福島第一原発で発生した放射能汚染水は、通常運転されている原子力発電から出た水ではないため、トリチウム以外の放射性物質にも疑念が残ると主張する人もいます。
しかし、1975年年までは放射性廃棄物が普通に海洋投棄されていましたし、大規模な核実験も太平洋上で何度も行われていました。
にもかかわらず、海に対する放射能汚染がそこまで大きな問題になることはなかったのです。
当然、これらの行いに問題がなかったわけではありませんが、海水に希釈されることで問題が表面化することはほとんどありませんでした。
それほど海の希釈力は強いということで、放射性物質を取り除く処理した水を放流して問題が起こることは考えづらいと思われています。

第五福竜丸やビキニ島島民に健康被害があったのは、海洋からではなく大気から来る放射能物質が原因である

中国や韓国がトリチウムを含む処理水の海洋放流を批判することは、福島第一原発事故以降、原子力発電に対して高い知識を持つことになった日本人からすると相当の違和感を感じざるを得ません。
太平洋に面した福島第一原発の位置を考えて、グアムなど島を有すアメリカや黒潮の影響を踏まえてロシアが批判するならまだしも、そういった国を差し置いて太平洋と反対側に位置する国が批判を繰り返すことは明らかにおかしい現象と言えます。
そもそも日本に対する批判の大半が中国と韓国という時点で(北朝鮮も若干批判している)、この問題が科学的な事実を伴ったものではなく政治的な意図によるものであることは明確かと思います。

現在、上空を飛ぶ旅客機に対し墜落したら危険なので運行をやめろと言う人はほとんどいないでしょう。
それは飛行機が滅多なことでは墜落しないことを知っているからです。
トリチウムを含む処理水の問題も同じことで、正しい知識を得れば批判していること自体がバカらしく思えてくるような話なのだと私は思います。

スポンサーリンク
『アンサー海外の反応』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました