納得のいかない日本の治安ランキングについて

社会問題
この記事は約3分で読めます。

韓国系の海外の反応サイトで世界の治安ランキングが紹介され、日本は8位、韓国は21位という結果でした。
該当サイトでは日本よりも順位が低かったことに納得いかない韓国人の様子が紹介されていましたが、納得がいかないのはこっちのほうです!

日本よりも治安が良いとされる国の順位を御覧ください。

1位:カタール
2位:アラブ首長国連邦
3位:台湾
4位:マン島
5位:オマーン
6位:スイス
7位:香港
参考データ:https://www.numbeo.com/crime/rankings_by_country.jsp

以上のように、日本よりも上位にランクインした国に中東国が3つ入っているのですが、いずれも日本よりも治安が良いとは思えないところがあります。
特にオマーンについては、陸続きの隣国であるイエメン2015年から内戦状態で治安にも不安を抱えていると思われ、日本より治安が良いというデータには日本人としてなかなか納得しがたいものがあるのです。
香港も2019年から2021年にかけて大規模な民主化運動デモが起こり、警察と激しく対立するという混乱があったばかりで、まだまだ治安に不安があるように感じます。

台湾については、以下の動画を見てください。

これは今年の1月に投稿された動画ですが、台湾の人が日本の治安の良さについて驚いている様子が語られています。

永世中立国のスイスは、かつては各家庭にライフル銃があると言われるほど銃の所持率が高く(近年は銃の所持率が下がっている模様)、銃による事件が日本の100倍以上と言われています。(ただし事件の大半は自殺とされる、参考データ:List of countries by firearm-related death rate
住民がイギリスの市民権を持っているマン島については、1つの地域として取り上げること自体に疑問を感じざるを得ません。

以上のように、上位にランクインしている国々の治安が日本よりも良いとは思えない節があるのです。
この治安ランキングには、過去3年間における犯罪の増加率(低下率)が加味されるようなので、元々犯罪が少ない国には不利な条件なのかもしれませんが、それにしてもと思うところがあります。

“治安の良さ”という概念に多少の揺らぎがあるので仕方ないかもしれませんが、日本より上位にランクインした国よりも日本のほうが治安が良いと思ってしまうのは、自国民が自国の正しい情報を受け入れられないという現象なのでしょうか?
国際経験豊かな人たちに是非意見を聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました