昔の韓国は何と呼ぶべきか?

国際的問題
この記事は約2分で読めます。

今日は韓国の大統領選挙ということで、韓国に関する根本的な話をしたいと思います。
少し前に海外の反応サイトで、日本は韓国を『朝鮮』と呼ぶことがあり、それは差別なのではないかという指摘がされていました。

この問題は文章を書く人間にとっては結構難しい問題と言えます。
日本では日韓併合時代に朝鮮半島に住む人々を蔑んでいた部分があり、実際に現在でも保守寄りの人が差別的な意味で朝鮮という言葉を使っています。
当然、今の韓国を朝鮮と呼ぶことが差別なのは理解しており、当ブログでもそのような呼び方は行っていません。
ただ問題なのは、昔の朝鮮半島地域についての話をするときです。
昔の朝鮮半島国家のことを単純に韓国と書いてしまうと、北朝鮮地域を含まない今の韓国であるとほとんどの人は思うはずです。
逆に朝鮮と書けば、韓国と北朝鮮を含む地域のことを言っているとすぐに理解出来ます。

もし朝鮮という言葉が差別用語として使用できなくなると、韓国と北朝鮮を合わせた地域のことをどういう名前で呼ぶべきか非常に悩みます。
日韓併合前の朝鮮半島には大韓帝国という国があったので、韓国という言葉が朝鮮半島全体の国家を示す言葉とも思えますが、それ以前にあった李氏朝鮮の観点に立つと朝鮮という言葉を使うほうが正しい気もしてくるのです。
ただ、韓国と書いたときに現在の大韓民国(韓国)に限定した地域と誤解する人が多い以上、結局、韓国と北朝鮮を含めた地域は朝鮮と書く以外に方法がないのが実情です。

国や地域については、そのまま大韓帝国とか李氏朝鮮とか日韓併合時代の朝鮮半島などと書くことも出来ますが、人に対して使う場合は本当に困ってしまいます。
もし朝鮮人という言葉が差別であると言われてしまうと、『日韓併合時代の朝鮮半島に住んでいた朝鮮族の人々』みたいな回りくどい書き方をするしかなくなり、文章が成り立たなくなります。

以上のように日本で使われる『朝鮮』という言葉は、差別的な使い方をされることがある一方で、全く差別でない使い方もされる極めて特殊な言葉なのです。
この問題の解決方法は、韓国の人にこの実情を理解してもらうしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

  1. 小山 より:

    韓国人を目の前にして相手を朝鮮人と呼べば差別になるでしょう。また、北朝鮮人を前に韓国人と呼んでも差別となるでしょう。これは相手が使って欲しい欲しい呼称で呼ぶのが正解ですから。ただし、天皇陛下を日王と呼ぶ韓国人に適用されるべきかは相互主義の観点からは微妙ではあります。
    地理的な朝鮮半島という呼称については、北朝鮮がある限りは昔からの呼び名なので変える事はないかと。ただ北朝鮮が韓国に吸収されて無くなると、大韓半島という呼び名になるかもしれません。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました