欧米人が不思議に感じる日本人のクリスマスの過ごし方について

歴史・文化
この記事は約2分で読めます。

海外の反応サイトで、日本人のクリスマスの過ごし方について話題になることがあります。
近年の日本ではクリスマス(クリスマス・イブ)が恋人たちの日になっており、欧米人からみるとこのことが相当変わっているように感じるそうです。
以前にも松任谷由実と山下達郎の歌と関連付けて日本人のクリスマスの過ごし方についての記事を書いていますが、今回はもっと正面からこの問題を考えてみます。

なぜ日本人はクリスマスに恋人同士で過ごすのか? 日本のクリスマス文化に大きな影響を与えた2人の歌手
最近、松任谷由実の『恋人がサンタクロース』を日本犯罪史に残る一曲だと指摘している人がいました。 その人の主張は、それまで家族で過ごすはずだったクリスマスが、この曲により恋人同士で過ごすように変わったというのです。 "日本犯罪史に...

地域にもよりますが、欧米ではクリスマスの少し前からクリスマス休暇という長期休暇期間に入ります。
この休みは日本で言う年末年始の休みに該当し、家族で過ごすことが定番となっているようです。
一方、日本の休みはお正月が中心となっており、この日を中心に家族や親戚が集まります。
そのため日本人は、お正月1週間前のクリスマスに家族で過ごすことに大きな意味を見出だせないわけです。
そもそも日本ではクリスマスが休みではないため、家族親戚が集まること事態が現実的ではありません。
そんなこんなで出来上がったのが、『お正月は家族・親戚、クリスマス(クリスマス・イブ)は恋人と過ごす』という一風変わった日本のクリスマス文化だったわけです。

また、日本ではキリスト教の信者が国民の1%しかいないので、そもそも欧米とクリスマスの文化が違って当たり前と言えます。
そんな日本で、キリスト教色が極めて強いクリスマスというイベントに対して盛り上がっている方がよっぽどおかしいのかもしれません。
ただこのことにも答えはあって、日本人にとっての根幹的な宗教である神道は超多神教なので、他の宗教や風習を基本的に受け入れる性質があり、今ではクリスマスもバレンタインもハロウィンも大きなイベントとなっています。

ということで長くなりましたが、皆さんメリー・クリスマス!!(^O^)/

スポンサーリンク
『アンサー海外の反応』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました