哺乳類の大きさランキングTOP25【地上の草食動物編】

哺乳類
この記事は約8分で読めます。

地上に生息する草食哺乳類の大きさ(重さ)ランキングTOP20を作ってみました。

【ランキングを見る前の注意点】
家畜動物(ペットも含む)は人為選択により体を大きく出来るのでランキングから外しています。
また、差異があまりにも分かりづらかったので(インドサイとジャワサイ、アフリカゾウとマルミミゾウなど)、ランキングは同じ属で1種のみとしました。

※体重には個体による幅がかなりあるので、細かい順位は気にしないでください。

25位:コビトカバ

【体重】
180kg~275kg
【学名】
Choeropsis liberiensis
【分類】
カバ科
コビトカバ属
【生息域】
西アフリカ

24位:オカピ

【体重】
200kg~300kg
【学名】
Okapia johnstoni
【分類】
キリン科
オカピ属
【生息域】
コンゴ民主共和国

23位:モウコノウマ

【体重】
200kg~300kg
【学名】
Equus ferus przewalskii
【分類】
ウマ科
ウマ属
【生息域】
モンゴル周辺

野生種は1度絶滅しましたが、再導入に成功しています。
※人工的に品種改良されたウマには1000kgを超える種も存在している。

モウコノウマは最後の野生馬と言われていましたが、近年のDNA解析によって遥か昔(5,000年以上前)に家畜化されていたウマの品種だったとの説が出ています。

22位:ローンアンテロープ

【体重】
オス242kg~300kg、メス223kg~280kg
【学名】
Hippotragus equinus
【分類】
ウシ科
ブルーバック属
【生息域】
アフリカ大陸中部

21位:サンバー


photo credit:Sambar by Su-Laine

【体重】
150kg~315kg
【学名】
Rusa unicolor
【分類】
シカ科
ルサジカ属
【生息域】
南アジアから東南アジア

20位:ターキン

【体重】
オス150kg~400kg、メス250kg
【学名】
Budorcas taxicolor
【分類】
ウシ科
ターキン属
【生息域】
チベット高原周辺

19位:ボンゴ

【体重】
オス220kg~405kg、メス210kg~270kg
【学名】
Tragelaphus eurycerus
【分類】
ウシ科
ブッシュバック属
【生息域】
アフリカ大陸中部
同じブッシュバック属の中には体重180kg~315kgのクーズーが存在しています。

18位:アメリカアカシカ

【体重】
オス180kg~500kg、メス170kg~290kg
【学名】
Cervus canadensis
【分類】
シカ科
シカ属
【生息域】
ユーラシア大陸東部、北アメリカ大陸

17位:マレーバク

【体重】
250kg~540kg
【学名】
Tapirus indicus
【分類】
バク科
バク属
【生息域】
東南アジア

最大のバク。

同じバク属の中には体重150kg~300kgのベアードバクも存在しています。

16位:ジャコウウシ

【体重】
オス260kg~650kg、メス280kg~300kg
【学名】
Ovibos moschatus
【分類】
ウシ科
ジャコウウシ属(ヤギ亜科)
【生息域】
北極圏

最大のヤギ。

15位:フタコブラクダ

【体重】
300kg~650kg
【学名】
Camelus bactrianus
【分類】
ラクダ科
ラクダ属
【生息域】
モンゴル周辺
同じラクダ属の中には体重450kg~680kgのヒトコブラクダが存在していますが、基本的に全て家畜動物となっています。

14位:ヘラジカ

【体重】
200kg~830kg
【学名】
Alces alces
【分類】
シカ科
ヘラジカ属
【生息域】
ユーラシア大陸北部、北アメリカ大陸北部

最大のシカ。

13位:アフリカスイギュウ

【体重】
300kg~900kg
【学名】
Syncerus caffer
【分類】
ウシ科
アフリカスイギュウ属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

12位:ジャイアントエランド


photo credit:Giant Eland by Jean

【体重】
オス450kg~900kg、メス約440kg
【学名】
Taurotragus derbianus
【分類】
ウシ科
エランド属
【生息域】
アフリカ大陸中西部

最大のアンテロープ。

同じエランド属の中には体重400kg~900kgとなるエランドが存在しています。

11位:アメリカバイソン

【体重】
オス540kg~900kg、メス320kg~540kg
【学名】
Bison bison
【分類】
ウシ科
バイソン属
【生息域】
北アメリカ大陸

北アメリカ大陸最大の草食哺乳類。

同じバイソン属のヨーロッパバイソンはアメリカバイソンよりも大型らしいですが、野生種が絶滅し現在人為的な再導入が試みられています。

10位:ガウル


photo credit:wild gaur by balu【Clipping】

【体重】
580kg~1000kg
【学名】
Bos gaurus
【分類】
ウシ科
ウシ属
【生息域】
南アジア北部から東南アジア北部
同じウシ属の中には体重680kg~910kgになるコープレイや、体重400kg~900kgになるバンテンが存在しています。

9位:スマトラサイ


photo credit:Sumatran Rhinoceros at Sumatran Rhino Sanctuary Lampung Indonesia 2013 by 26Isabella

【体重】
800kg~1000kg
【学名】
Dicerorhinus sumatrensis
【分類】
サイ科
スマトラサイ属
【生息域】
スマトラ島

8位:アジアスイギュウ

【体重】
700kg~1200kg
【学名】
Bubalus arnee
【分類】
ウシ科
アジアスイギュウ属
【生息域】
南アジア

最大のウシ。

7位:クロサイ

【体重】
350kg~1300kg
【学名】
Diceros bicornis
【分類】
サイ科
クロサイ属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

6位:キリン

【体重】
オス800kg~1930kg、メス550kg~1180kg
【学名】
Giraffa camelopardalis
【分類】
キリン科
キリン属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

最も背の高い地上動物。

5位:カバ

【体重】
オス1600kg~3200kg、メス平均1400kg
【学名】
Hippopotamus amphibius
【分類】
カバ科
カバ属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

半水棲哺乳類。

※カバは草食性の強い雑食である可能性もあります。

4位:インドサイ

【体重】
1500kg~3500kg
【学名】
Rhinoceros unicornis
【分類】
サイ科
インドサイ属
【生息域】
インド北部
同じインドサイ属には体重1500kg~2000kgのジャワサイが存在しています。

3位:シロサイ

【体重】
オス2000kg~3600kg、メス1400kg~1700kg
【学名】
Ceratotherium simum
【分類】
サイ科
シロサイ属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

2位:アジアゾウ

【体重】
オス平均5400kg、メス平均2700kg
【学名】
Elephas maximus
【分類】
ゾウ科
アジアゾウ属
【生息域】
南インドから東南アジア

ユーラシア大陸最大の動物。

1位:アフリカゾウ

【体重】
オス6000kg~7000kg、メス平均3000kg
【学名】
Loxodonta africana
【分類】
ゾウ科
アフリカゾウ属
【生息域】
アフリカ大陸中南部

最大の地上動物。

同じアフリカゾウ属には体重2700kg~6000kgのマルミミゾウが存在しています。

まとめ

大きい(体重が重い)草食哺乳類を、大まかにまとめると

・ゾウ
・サイ
・カバ
・キリン
・大型のウシ
・大型のアンテロープ(ウシ科)
・大型のシカ
・ラクダ
・大型のヤギ(ウシ科)
・大型のバク
・ウマ

になるようです。
その他、300kgを超えるイノシシ(草食性の強い雑食)が見つかるケースが稀にありますが、これは人為的な品種改造が加わっているか極端に太りすぎている可能性が考えられるためランク外としました。

おまけ

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました