鳥の大きさ/重さランキングTOP30(体重10kg超えの鳥類一覧)

鳥類
この記事は約9分で読めます。

鳥類の大きさ(重さ)ランキングTOP30を画像付きでまとめましたので、ぜひ御覧ください。

【ランキングを見る前の注意点】
基本的に大型個体の体重で順位をつけていますが、体重には個体による幅がかなりあるので細かい順位は気にしないで御覧ください。
特に30位から11位までは扱う資料などにより順位変動する場合が大いにあります。

30位:ミナミシロアホウドリ


photo credit:Northern Royal Albatross by blachswan

【体重】
6.5kg〜10.3kg(平均8.5kg)
【学名】
Diomedea epomophora
【分類】
ミズナギドリ目
アホウドリ科
【生息域】
ニュージーランドの南にある島々

※翼開長が最大級の鳥(351cm)。

29位:セアカアフリカオオノガン(アラビアオオノガン)


photo credit:Arabian Bustard, Ardeotis arabs, Awash by Allan Drewitt

【体重】
オス5.7kg~10.9kg、メス4.5kg~7.7kg(最大16.8kg)
【学名】
Ardeotis arabs
【分類】
ツル目
ノガン科
【生息域】
アフリカ大陸北部からアラビア半島

28位:シチメンチョウ

【体重】
5kg〜11kg(オス平均7.6kg、メス平均4.2kg)
【学名】
Meleagris gallopavo
【分類】
キジ目
キジ科
【生息域】
北アメリカ大陸中南部

27位:ケープハゲワシ


photo credit:2009-03-16 Kalahara Nossop 181 by Bird Brian

【体重】
7kg~11kg
【学名】
Gyps coprotheres
【分類】
タカ目
タカ科
【生息域】
アフリカ大陸南部

26位:シロエリハゲワシ


photo credit:Griffon vultures by 4652 Paces

【体重】
6.5kg~11.3kg
【学名】
Gyps fulvus
【分類】
タカ目
タカ科
【生息域】
ヒマラヤ山脈から中央アジア、南ヨーロッパ、中東、北アフリカにも点在

25位:オオヅル

【体重】
5kg〜12kg
【学名】
Grus antigone
【分類】
ツル目
ツル科
【生息域】
南アジアからオーストラリア北部

※タンチョウと並び、もっとも背の高い飛べる鳥。(最高156cm)

24位:タンチョウ

【体重】
6kg~12kg
【学名】
Grus japonensis
【分類】
ツル目
ツル科
【生息域】
東アジア

※オオヅルと並び、もっとも背の高い飛べる鳥。(最高152cm)

23位:ヒマラヤハゲワシ

【体重】
6kg~12.5kg
【学名】
Gyps himalayensis
【分類】
タカ目
タカ科
【生息域】
ヒマラヤ山脈付近

22位:ワタリアホウドリ


photo credit:Wandering Albatross by Ed Dunens

【体重】
5.9kg~12.7kg(最大16.1kg)
【学名】
Diomedea exulans
【分類】
ミズナギドリ目
アホウドリ科
【生息域】
南極に近い島々

※翼開長が最大の鳥(363cm)。

21位:コシグロペリカン

【体重】
4kg~13kg(ただし大部分が4.5kg~7.7kg)
【学名】
Pelecanus conspicillatus
【分類】
ペリカン目
ペリカン科
【生息域】
オセアニア地域

※オーストラリア大陸最大の飛べる鳥。

20位:オオハクチョウ

【体重】
7.4kg〜14kg(オス平均9.8kg〜11.4kg、メス平均8.2kg〜9.2kg、最大15.5kg)
【学名】
Cygnus cygnus
【分類】
カモ目
カモ科
【生息域】
ユーラシア大陸北中部

※日本に自然分布する(渡りを含む)最大の鳥。

19位:ナキハクチョウ

【体重】
:7kg〜13.6kg(オス平均10.9kg~12.7kg、メス平均9.4kg~10.3kg、最大17.2kg)
【学名】
Cygnus buccinator
【分類】
カモ目
カモ科
【生息域】
北アメリカ大陸北部

18位:ミミヒダハゲワシ


photo credit:Lappet-faced Vulture – Ndutu – Tanzania_0293 by fveronesi1

【体重】
オス10.5kg〜13.6kg、メス6.5kg〜9.2kg(大型亜種の体重)
【学名】
Torgos tracheliotos
【分類】
タカ目
タカ科
【生息域】
アフリカ大陸

17位:クロハゲワシ


photo credit:Cinereous Vulture. by Koshyk

【体重】
オス6.3kg〜11.5kg、メス7.5kg〜14kg
【学名】
Aegypius monachus
【分類】
タカ目
タカ科
【生息域】
ヨーロッパ南部から中国北部までのユーラシア大陸中央部

※コブハクチョウと並び日本に飛来したことのある最大の鳥。(迷鳥として飛来)

16位:カルフォルニアコンドル


photo credit:Flying California condor by USFWS Pacific Southwest Region

【体重】
7kg〜14.1kg
【学名】
Gymnogyps californianus
【分類】
タカ目
コンドル科
【生息域】
北アメリカ大陸中西部

※北アメリカ大陸最大の飛べる鳥。

15位:コブハクチョウ

【体重】
オス9.2kg〜14.3kg、メス7.6kg〜10.6kg
【学名】
Cygnus olor
【分類】
カモ目
カモ科
【生息域】
ヨーロッパから中央アジア、その他に世界各地で移入・定着

※クロハゲワシと並び日本に飛来したことのある最大の鳥。(迷鳥として飛来)

14位:インドオオノガン


photo credit:Great Indian bustard by Prajwalkm【Clipping】

【体重】
オス8kg~14.5kg、メス2.5~6.7kg
【学名】
Ardeotis nigriceps
【分類】
ツル目
ノガン科
【生息域】
インド

13位:モモイロペリカン

【体重】
オス9kg〜15kg、メス5.4kg〜9kg
【学名】
Pelecanus onocrotalus
【分類】
ペリカン目
ペリカン科
【生息域】
黒海・カスピ海周辺からアフリカ大陸中南部

12位:ニシハイイロペリカン

【体重】
7.2kg〜15kg(オス平均10.4kg、メス平均8.7kg)
【学名】
Pelecanus crispus
【分類】
ペリカン目
ペリカン科
【生息域】
ユーラシア大陸

※ユーラシア大陸最大の飛べる鳥。

11位:コンドル

【体重】
オス11kg~15kg、メス8kg~11kg
【学名】
Vultur gryphus
【分類】
タカ目
コンドル科
【生息域】
アンデス山脈

※南アメリカ大陸最大の飛べる鳥。
※最大の猛禽類。

10位:アフリカオオノガン

【体重】
オス7kg〜18kg、メス3kg~7kg(最大23kg)
【学名】
Ardeotis kori
【分類】
ツル目
ノガン科
【生息域】
アフリカ大陸南部

※世界最大の飛べる鳥。

9位:キングペンギン

【体重】
9.3kg〜18kg
【学名】
Aptenodytes patagonicus
【分類】
ペンギン目
ペンギン科
【生息域】
南極近くの島々

8位:コヒクイドリ


photo credit:Dwarf Cassowary Lae by Gaurav Nalkur

【体重】
17.6kg~26kg
【学名】
Casuarius bennetti
【分類】
ヒクイドリ目
ヒクイドリ科
【生息域】
ニューギニア島及びオーストラリア北部

7位:ダーウィン・レア


photo credit:Lesser Rhea (Rhea pennata) by sussexbirder

【体重】
15kg~28kg
【学名】
Rhea pennata
【分類】
レア目
レア科
【生息域】
南アメリカ大陸南部

6位:アメリカ・レア


photo credit:Greater Rhea (Rhea americana) by Dominic Sherony

【体重】
20kg〜30kg(最大40kg)
【学名】
Rhea americana
【分類】
レア目
レア科
【生息域】
南アメリカ大陸南東部

※南アメリカ大陸最大の鳥。

5位:コウテイペンギン

【体重】
20kg~45kg
【学名】
Aptenodytes forsteri
【分類】
ペンギン目
ペンギン科
【生息域】
南極

※南極大陸最大の鳥。

4位:エミュー

【体重】
18kg〜60kg(オス平均31.5kg、メス平均37kg)
【学名】
Dromaius novaehollandiae
【分類】
ヒクイドリ目
エミュー科
【生息域】
オーストラリア

3位:パプアヒクイドリ


photo credit:Northern Cassowary (Casuarius unappendiculatus) by berniedup

【体重】
詳細不明だが後述するヒクイドリより若干軽いらしい
【学名】
Casuarius unappendiculatus
【分類】
ヒクイドリ目
ヒクイドリ科
【生息域】
ニューギニア島

2位:ヒクイドリ

【体重】
メス平均58kg(最大85kg、オスはメスより20%程軽い)
【学名】
Casuarius casuarius
【分類】
ヒクイドリ目
ヒクイドリ科
【生息域】
ニューギニア島及びオーストラリア北部

※オーストラリア大陸最大の鳥。

1位:ダチョウ

【体重】
63kg〜145kg(オス平均115kg、メス平均100kg)
【学名】
Struthio camelus
【分類】
ダチョウ目
ダチョウ科
【生息域】
アフリカ大陸中南部

※世界最大の鳥。
※もっとも背の高い鳥。

まとめ

大きい(体重が重い)鳥を、大まかにまとめると

・ダチョウ
・ヒクイドリ目
・レア目
・南極に住むペンギン
・ノガン
・屍肉食性の猛禽類(ハゲワシ、コンドル)
・ペリカン
・ハクチョウ
・アホウドリ
・ツル
・コウノトリ科(ここでは紹介しなかったが大きい種が多い)
・ハゲワシ以外のタカ科(ここでは紹介しなかったが大きい種が多い)

になるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »