世界の巨大淡水魚! 画像&捕獲動画集 魚類以外の巨大淡水生物おまけ付き!

哺乳類
この記事は約13分で読めます。
<スポンサーリンク>

淡水に住む巨大魚および巨大生物を画像・動画付きでまとめました。
その圧倒的な巨大さにビックリです!Σ(゚Д゚)
※なかなか大きさの分かる画像が揃わなかったので、大きさが分かりやすい画像の外部リンクを貼って補足します。

日本最大の淡水魚

イトウ


photo credit:20090420 Aquarium 7 (Ito) by BONGURI

【学名】
Parahucho perryi
【最大記録】
157cm
【分類】
サケ目
【生息域】
北海道

北海道に生息する日本最大の淡水魚。

以下で紹介する世界の巨大淡水魚の比較対象として、まず国内最大の淡水魚を紹介しました。
※イトウには215cmの記録もあるが、重さとの比較からこの記録は信ぴょう性が極めて低いと考えられている。

↓イトウの大きさが分かりやすい画像はこちらより(120cmのイトウ)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/009/345/08/N000/000/000/117832736546316131542.jpg

世界の巨大淡水魚

それでは世界の巨大淡水魚を紹介します。
まずは世界各地にいる淡水にしか棲まない純淡水魚の紹介です。

※最大記録は確認できているもので、確認できないものは参考記録となっています。
※また、ここに記している以外にも巨大淡水魚は存在しています。

ユーラシア大陸の巨大淡水魚

東南アジアを除いたユーラシア大陸の巨大淡水魚の紹介。

ヨーロッパオオナマズ


photo credit:Silurus glanis 02 by Dieter Florian

【学名】
Silurus glanis
【最大記録】
278cm
【分類】
ナマズ目
【生息域】
ヨーロッパ
メコンオオナマズと並び世界最大のナマズ。

【ヨーロッパオオナマズの大きさが分かる動画】

【ヨーロッパオオナマズの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

タイメン


photo credit:Hucho taimen June 2007 Uur River by Ojensen

【学名】
Hucho taimen
【最大記録】
210cm
【分類】
サケ目
【生息域】
シベリアやモンゴルの河川
別名はアムールイトウで、アムール川などに生息するイトウ。

【タイメンの大きさが分かる動画】

【タイメンの大きさが分かる画像集】
【1】【2】【3】

アオウオ

【学名】
Mylopharyngodon piceus
【最大記録】
184cm
【分類】
コイ目
【生息域】
中国
近年、逃げ出したものが東京の河川にも生息しているという中国の巨大魚。

【アオウオの大きさが分かる動画】

【アオウオの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

東南アジア(一部南アジアを含む)の巨大淡水魚

東南アジアはメコン川を中心に巨大淡水魚が多数生息していることが知られています。

メコンオオナマズ


photo credit:Giant Mekong Catfish by lynnylchan

【学名】
Pangasianodon gigas
【最大記録】
270cm
【分類】
ナマズ目
【生息域】
メコン川
ヨーロッパオオナマズと並び世界最大のナマズ。

【メコンオオナマズの大きさが分かる動画】

【メコンオオナマズの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

バガリウス・ヤレリ

【学名】
Bagarius yarrelli
【最大記録】
300cm(参考記録)
【分類】
ナマズ目
【生息域】
南アジアから東南アジア
インドでは悪魔の人食いナマズと呼ばれる巨大魚。

【バガリウス・ヤレリの大きさが分かる動画】

【バガリウス・ヤレリの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

パーカーホ


photo credit:Giant Barb by Lerdsuwa

【学名】
Catlocarpio siamensis
【最大記録】
300cm(参考記録)
【分類】
コイ目
【生息域】
東南アジア
世界最大のコイ。
近年個体数が減っており、巨大なものは滅多に見られないとのこと。

【パーカーホの大きさが分かる動画】

【パーカーホの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

マシール/マハシール


photo credit:Thai Mahseer (Tor tambroides) by berniedup

【学名】
Tor
【最大記録】
最大記録:200cm(参考記録)
【分類】
コイ目
【生息域】
ヒマラヤから東南アジア
ヒマラヤにいるマシールは神の魚といわれ、体は黄金のように輝く幻の魚とされている。
ただし、あまり種の特定をせずにヒマラヤ地方に生息するコイ科全般を指す場合もある。

【マシール/マハシールの大きさが分かる動画】

【マシール/マハシールの大きさが分かる画像集】
【1】【2】【3】

ヒマンチュラ・チャオプラヤ


photo credit:Stingray by brogge1

【学名】
Urogymnus polylepis
【最大記録】
500cm(尾を除くと210cm/尾を入れた記録は参考記録)
【分類】
トビエイ目
【生息域】
東南アジア
世界最大の淡水エイ。

【ヒマンチュラ・チャオプラヤの大きさが分かる動画】

【ヒマンチュラ・チャオプラヤの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

アフリカの巨大淡水魚

アフリカのも規格外の巨大魚がいる模様。

ゴリアテタイガーフィッシュ(ムベンガ)


photo credit:Hydrocynus goliath by Joel Carnat

【学名】
Hydrocynus goliath
【最大記録】
200cm(参考記録)
【分類】
カラシン目
【生息域】
コンゴ川
ピラニアと同じカラシン目で、強力の牙を持つ巨大魚。

【ゴリアテタイガーフィッシュの大きさが分かる動画】

【ゴリアテタイガーフィッシュの大きさが分かる画像集】
【1】【2】【3】

<スポンサーリンク>

南米の巨大淡水魚

世界最大の河川『アマゾン川』を有する南米は、巨大淡水魚のメッカである。

ピラルクー


photo credit:pirarucu by Haka´s photos

【学名】
Arapaima gigas
【最大記録】
268cm
【分類】
アロワナ目
【生息域】
アマゾン川
4mや5mクラスも存在すると言われる古代魚で、1億年前から姿が変わっていないとされる。

【ピラルクーの大きさが分かる動画】

【ピラルクーの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

ピライーバ

【学名】
Brachyplatystoma filamentosum
【最大記録】
250cm
【分類】
ナマズ目
【生息域】
アマゾン川
アマゾン川最大のナマズ。

【ピライーバの大きさが分かる動画】

【ピライーバの大きさが分かる画像集】
【1】【2】【3】

デンキウナギ


photo credit:An electric eel by Dave Lonsdale【Clipping】

【学名】
Electrophorus electricus
【最大記録】
250cm(参考記録)
【分類】
デンキウナギ目
【生息域】
アマゾン川およびオリノコ川
発電することが知られている巨大魚で、その電気でワニをも倒すことがある。

【デンキウナギの大きさが分かる動画】

【デンキウナギの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

アハイア・グランディ

【学名】
Potamotrygon brachyura
【最大記録】
250cm(参考記録)
【分類】
トビエイ目
【生息域】
南米
南米に住む巨大な淡水エイ。
尾が短いため、他の巨大エイに比べ全長は長くならない。

【アハイア・グランディの大きさが分かる動画】

【アハイア・グランディの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

<スポンサーリンク>

淡水と海水に適応した巨大淡水魚

続いて、淡水にも海水にも適応した巨大魚を紹介します。

アリゲーターガー

【学名】
Atractosteus spatula
【最大記録】
305cm
【分類】
レピソステウス目
【生息域】
メキシコ湾にそそぐ水系
口の形が特徴的で、汽水域から一部海水にまで適応している北アメリカ最大の淡水魚。

【アリゲーターガーの大きさが分かる動画】

【アリゲーターガーの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

ノーザンパイク


photo credit:43 inch Monster Pike by RTD Photography【Clipping】

【学名】
Esox lucius
【最大記録】
200cm(参考記録)
【分類】
カワカマス目
【生息域】
北半球高緯度地域
スポーツフィッシュングの対象となる魚としては最大クラス誇る。

【ノーザンパイクの大きさが分かる動画】

【ノーザンパイクの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

バラマンディ


photo credit:28 lbs of Barramundi – 103 cm – over a yard! by robstephaustralia

【学名】
Lates calcarifer
【最大記録】
200cm(参考記録)
【分類】
スズキ目
【生息域】
東南アジアからオーストリア北部
淡水から海水にまで適応した、アフリカのナイルパーチと並ぶ世界最大のスズキ。

【バラマンディの大きさが分かる動画】

【バラマンディの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

ナイルパーチ


photo credit:Lates niloticus 2 by smudger888

【学名】
Lates niloticus
【最大記録】
193cm
【分類】
スズキ目
【生息域】
アフリカ
淡水から汽水域にまで適応した、インド洋のバラマンディと並ぶ世界最大のスズキ。

【ナイルパーチの大きさが分かる動画】

【ナイルパーチの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

オオチョウザメ

【学名】
Huso huso
【最大記録】
720cm
【分類】
チョウザメ目
【生息域】
主にカスピ海・黒海と、そこにそそぐ河川
世界三大珍味の1つであるキャビアを生む魚だが、それが由縁で乱獲が進み、近年は大型のチョウザメが大幅に減ってきているとのこと。

【オオチョウザメの大きさが分かる動画】

↓画質は悪いがこちらはより巨大
https://www.youtube.com/watch?v=ytOMk3vM3-U

【オオチョウザメの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

ダウリアチョウザメ


photo credit:Acipenseridae Huso dauricus IMG 9995b by あおもりくま

【学名】
Huso dauricus
【最大記録】
600cm(参考記録)
【分類】
チョウザメ目
【生息域】
アムール川流域
上記と同じくキャビアを生み出す巨大な魚。
日本の海でも捕獲例がある。

【ダウリアチョウザメの大きさが分かる動画】

【ダウリアチョウザメの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

シロチョウザメ


photo credit:AquariumOfTheBay-17 by TrishaLyn

【学名】
Acipenser transmontanus
【最大記録】
610cm
【分類】
チョウザメ目
【生息域】
北アメリカ大陸北西部
オオチョウザメ、ダウリアチョウザメに続く大きさのチョウザメ。
その他にも大きなチョウザメは存在するが(例:ハシナガチョウザメ)、その殆どは絶滅状態に近いためここでは紹介しない。

【シロチョウザメの大きさが分かる動画】

【シロチョウザメの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

ターポン


photo credit:Tarpon Jump by MyFWCmedia

【学名】
Megalops atlanticus
【最大記録】
250cm
【分類】
カライワシ目
【生息域】
大西洋の熱帯から亜熱帯と、そこに注ぐ河川
淡水と海水に適応している古代魚。

【ターポンの大きさが分かる動画】

【ターポンの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

オオメジロザメ


photo credit:Feeder with Bull Shark Beqa Adventure Fiji by amanderson2

【学名】
Carcharhinus leucas
【最大記録】
400cm(参考記録)
【分類】
メジロザメ目
【生息域】
熱帯、温帯海域とそこにそそぐ河川
淡水に適応したサメの中で最大を誇り、海、河川、淡水湖でも生息できる。

【オオメジロザメの大きさが分かる動画】

【オオメジロザメの大きさが分かる画像集】
【1】【2】

<スポンサーリンク>

魚類以外にもいる巨大な淡水生物たち

淡水に住む魚以外の巨大動物たちも簡単に紹介します。
※ワニ類やカバなどの半水棲の動物は除き、ほとんど水の中で過ごす動物のみの紹介になります。

アマゾンカワイルカ


photo credit:Dolphin’s dinner by Zemlinki!

【学名】
Inia geoffrensis
【最大記録】
280cm<
【分類】
クジラ目(哺乳類)
【生息域】
アマゾン川

淡水で生息するイルカで、近縁種にインドカワイルカとヨウスコウカワイルカがいる。

アメリカマナティー

【学名】
Trichechus manatus
【最大記録】
390cm
【分類】
ジュゴン目(哺乳類)
【生息域】
アメリカ大陸大西洋沿岸の熱帯域、亜熱帯域

淡水域と海水域に生息し、淡水域により適応している。
アマゾンマナティー、アフリカマナティーと近縁種。

インドコガシラスッポン


photo credit:Dudhwalive chitra by Krishna Kumar Mishra

【学名】
Chitra indica
【最大記録】
甲長115cm
【分類】
カメ目(爬虫類)
【生息域】
南アジア

ワニなどの半陸生爬虫類を除けば、淡水に生息する最大クラスの爬虫類。
近縁種のタイコガシラスッポンは甲長140cmを記録している。
その他、マルスッポンなどのスッポン類も大型である。

チュウゴクオオサンショウウオ


photo credit:a-chinese-giant-salamander by jamesjoel

【学名】
Andrias davidianus
【最大記録】
150cm
【分類】
有尾目(両生類)
【生息域】
中国

日本にいるオオサンショウウオと同じく世界最大の両生類。

タスマニアオオザリガニ

【学名】
Astacoipsis gouldi
【最大記録】
最大記録:76cm
【分類】
エビ目(甲殻類)
【生息域】
タスマニア島の北西部

世界最大の淡水性甲殻類。

<スポンサーリンク>
ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました