世界の綺麗なチョウ、カラフルなチョウ画像集(綺麗な蛾も一部紹介)

昆虫・虫
この記事は約9分で読めます。

綺麗な昆虫と聞いて真っ先に思い浮かぶのは蝶でしょう。
日本にも綺麗な蝶はたくさんいますが、海外には更に綺麗でカラフルな蝶が多数いるようです。
そんな世界中の美しい蝶を画像付きで紹介していきます。

まず最初に、日本で単にアゲハチョウと呼ばれるナミアゲハの画像を御覧ください。

このアゲハチョウも普通に綺麗な蝶ですが、以下で紹介する蝶を見たらそのイメージが多少変わってくるかもしれません。

世界三大美蝶・モルフォチョウ

まずは三大美蝶の一角、モルフォチョウの紹介です。

ペレイデスモルフォ


photo credit:Blue Morpho. Morpho peleides by gailhampshire

【学名】
Morpho peleides
【分類】
タテハチョウ科
モルフォチョウ属
【生息域】
中米から南米大陸の北部

モルフォチョウは青く光沢があるのが特徴です。

アキレスモルフォ


photo credit:Morpho sp. by ComputerHotline

【学名】
Morpho achilles
【分類】
タテハチョウ科
モルフォチョウ属
【生息域】
中米から南米大陸の北部

こちらは黒い部分が多いモルフォチョウ。

レテノールモルフォ


photo credit:Morpho rhetenor rhetenor 1zz by David J. Stang

【学名】
Morpho rhetenor
【分類】
タテハチョウ科
モルフォチョウ属
【生息域】
ブラジル・ペルー

こちらのモルフォチョウは、最も光沢があるといわれる種です。

ヘレナモルフォ


photo credit:Morpho rhetenor helena 0zz by David J. Stang

【学名】
Morpho helena
【分類】
タテハチョウ科
モルフォチョウ属
【生息域】
南米大陸の北部

こちらはモルフォチョウの中でも、最も美しいとされる種。

モルフォ蝶の内側


photo credit:Morpho peleides by Ettore Balocchi

モルフォチョウは表側が綺麗ですが、裏側はあまり綺麗でないことが多いようです。
種は、ペレイデスモルフォ。

世界三大美蝶・ミイロタテハ

ミイロタテハはとても珍しい蝶らしく、生きている画像は全く揃いませんでした。(ノ_-。)

ナルキッサスミイロタテハ


photo credit:Agrias narcissus narcissus MHNT dos by Didier Descouens

【学名】
Agrias narcissus
【分類】
タテハチョウ科
ミイロタテハ属
【生息域】
南米大陸の北部

こちらはナルキッサスというタイプのミイロタテハ。
ミイロタテハは同種の中でも配色に差があるようで、種の特定が極めて難しくなります。

アエドンミイロタテハ


photo credit:Agrias aedon 2zz by David J. Stang

【学名】
Agrias aedon
【分類】
タテハチョウ科
ミイロタテハ属
【生息域】
南米大陸北部

こちらは上記の種とは配色が少し違うミイロタテハ。
ミイロタテハは配色によって様々な種がいるようですが、個体差が大きく分類が不確定となっています。

ミイロタテハの内側


photo credit:Agrias narcissus narcissus MHNT ventre by Didier Descouens

ナルキッサスミイロタテハの内側。
ミイロタテハも、モルフォチョウと同じで内側はあまり綺麗ではありません。

世界三大美蝶・トリバネアゲハ

トリバネアゲハ(英名:Birdwing)は、アゲハチョウ科の中のトリバネアゲハ属、アカエリトリバネアゲハ属、キシタアゲハ属に含まれる蝶の総称だそうです。

ケアンズトリバネアゲハ


photo credit:Cairns Birdwing (Ornithoptera euphorion) by berniedup【Clipping】

【学名】
Ornithoptera euphorion
【分類】
アゲハチョウ科
トリバネアゲハ属
【生息域】
オーストラリア北部

トリバネアゲハは鳥の翼ように横に長い翅を持ちます。

ゴクラクトリバネアゲハ

【学名】
Ornithoptera paradisea
【分類】
アゲハチョウ科
トリバネアゲハ属
【生息域】
東南アジア南部からオーストラリア北部

こちらはトリバネアゲハの中でも特に美しく『世界一美しい蝶』とも言わていますが、相当珍しい蝶らしくまともな画像はほとんどありませんでした。(ノ_-。)

アカエリトリバネアゲハ


photo credit:Rajah Brooke’s Birdwing (Trogonoptera brookiana) by Pavel Kirillov

【学名】
Trogonoptera brookiana
【分類】
アゲハチョウ科
アカエリトリバネアゲハ属
【生息域】
マレーシア、インドネシア

アカトリバネアゲハ属に含まれるトリバネアゲハ。

アカエリトリバネアゲハの群れ


photo credit:Rajah Brooke’s Birdwings (Trogonoptera brookiana albescens) by berniedup

こちらの種は比較的よく見ることが出来るようです。

ヘレナキシタアゲハ


photo credit:New Friend by CharlesLam

【学名】
Troides helena
【分類】
アゲハチョウ科
キシタアゲハ属
【生息域】
東南アジア

キシタアゲハ属に含まれるトリバネアゲハ。

トリバネアゲハの内側


photo credit:Cairns Birdwing (ornithoptera priamus) by Corrie Barklimore【Clipping】

トリバネアゲハは、他の三大美蝶と違って内側の色も綺麗なようです。
画像の種はメガネトリバネアゲハ。

その他の綺麗な蝶

オオルリアゲハ


photo credit:Ulysses Butterfly by CSIRO

【学名】
Papilio ulysses
【分類】
アゲハチョウ科
アゲハチョウ属
【生息域】
インドネシアからオーストラリア北部

地元で見ると幸せを呼び込むと言われる青い蝶。

カラスアゲハ

【学名】
Papilio dehaanii
【分類】
アゲハチョウ科
アゲハチョウ属
【生息域】
日本

日本にいる美しい蝶で、季節により色合いが多少変化します。

ミヤマカラスアゲハ

【学名】
Papilio maackii
【分類】
アゲハチョウ科
アゲハチョウ属
【生息域】
日本

上記したカラスアゲハの近縁種で、日本にいる蝶の中で最も美しいと言われています。
個人的には海外の蝶より、こちらの方が綺麗に見えます。
ちなみにカラスアゲハとの違いは、翅に入る白い筋が明確であることと全体的に少し緑っぽいところです。

ミヤマカラスアゲハの群れ


photo credit:Papilio maackii (Papilionidae) by Dr. Alexey Yakovlev

珍しいミヤマカラスアゲハの群れ。

アオスジアゲハ


photo credit:Common Bluebottle by B_cool

【学名】
Graphium sarpedon
【分類】
アゲハチョウ科
アオスジアゲハ属
【生息域】
東アジアからオーストラリア北部

日本でも見られるアゲハチョウの一種。

アオスジアゲハの三連星


photo credit:Graphium sarpedon (Common Bluebottle) 青鳯蝶 by Aidan Mak

アオスジアゲハが綺麗に並んでいるところ。
ジェットストリームアタックが出来るかは不明です。(;^_^A

ハガタウズマキタテハ


photo credit:allicore sorana (female) in Caetité 01 cropped by André Koehne

【学名】
Callicore sorana
【分類】
タテハチョウ科
ウズマキタテハ属
【生息域】
南米大陸南部

翅の裏側がうずまき模様になっている蝶。

トラフタテハ


photo credit:The clipper – Parthenos sylvia by Pasha Kirillov

【学名】
Parthenos sylvia
【分類】
タテハチョウ科
トラフタテハ属
【生息域】
東南アジア

複雑な紋様で知られるアゲハチョウの一種。

オオムラサキ

【学名】
Sasakia charonda
【分類】
タテハチョウ科
オオムラサキ属
【生息域】
東アジア

言わずと知れた日本の国蝶。

綺麗な蛾、カラフルな蛾

蝶に比べてあまりイメージは良くない蛾ですが、実はキレイな種が多数いることが分かっています。
※そもそも蝶と蛾の分類は曖昧である。

ニシキオオツバメガ


photo credit:Madagascan sunset moth (Chrysiridia rhipheus), Vohimana reserve, Madagascar by Frank.Vassen

【学名】
Chrysiridia rhipheus
【分類】
ツバメガ科
ニシキオオツバメガ属
【生息域】
マダガスカル島

世界で最も美しいと言われる蛾。

モモイロヤママユ


photo credit:# 7715 – Dryocampa rubicunda – Rosy Maple Moth by Wildreturn

【学名】
Dryocampa rubicunda
【分類】
ヤママユガ科
Dryocampa属
【生息域】
北アフリカ大陸

ピンクに黄色というド派手な配色をした蛾。

ヒレオオナガヤママユ


photo credit:Malaysian Moon Moth (Actias maenas) by berniedup

【学名】
Actias maenas
【分類】
ヤママユガ科
ミズアオガ属
【生息域】
東南アジア

非常に長い尾羽がある蛾。

オオミズアオ

【学名】
Actias aliena
【分類】
ヤママユガ科
ミズアオガ属
【生息域】
日本

日本を代表する宝石の翡翠(ひすい)と同じ色をした蛾。
小学生が大きい蝶が現れたと言って大騒ぎする際は、大抵この蛾が現れています。(;^_^A
近縁種のオナガミズアオとは、ほとんど見分けが付きません。

スポンサーリンク
動物のランキング集『日々、動物ブログ』昆虫・虫


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
動物のランキング集『日々、動物ブログ』をフォローする
著者紹介
動物のランキング集『日々、動物ブログ』

目:サル目
科:ヒト科
属:ヒト属
種:ホモ・サピエンス
名前:刈本凛音

【自己紹介】
動物や自然が大好きです。

【ランキングについて】
当ブログにある動物のランキングは、サイト管理人が独自に入手した情報をもとに作られており、その順位を保証するものではありません。

ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。
動物のランキング集『日々、動物ブログ』をフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました