綺麗な鳥TOP10

鳥類
この記事は約5分で読めます。

鳥類には哺乳類と違いとてもカラフルで綺麗な種が多数存在しています。
木の上を生活の場にする鳥類は、葉や花の中に紛れ込むため緑や赤、青、黄色などといったカラフルな羽色を持つようになったのでしょう。
というわけで、綺麗な鳥のランキングです!!

10位:ミナミベニハチクイ(+その他ハチクイ科)


photo credit:Southern Carmine Bee-eater (Merops nubicoides) by Ron Knight 80x15by

【学名】
Merops nubicoides
【分類】
ハチクイ科
ハチクイ属
【生息域】
アフリカ大陸中部、南部、アラビア半島

蜂の好んで食べるハチクイ科は綺麗な鳥が多いが、特にミナミベニハチクイは綺麗な鳥として知られている。
ちなみにハチクイは蜂の毒に耐性がある他、毒針を取り除いてから食べるなど蜂を食べることに熟知している。

9位:ゴシキドリ


photo credit:Bird with Five Colors by Charles Lam 80x15

【学名】
Megalaima oorti
【分類】
オオゴシキドリ科
オオゴシキドリ属
【生息域】
東南アジア、台湾

5つの色を持つという名のゴシキドリは、キツツキの仲間。
画像で見てもわかるように、緑・青・赤・黄色・黒の5つ色を持っている。

8位:ゴシキノジコ(+その他ルリノジコ属)


photo credit:Painted Bunting by Don Faulkner 80x15

【学名】
Passerina ciris
【分類】
ショウジョウコウカンチョウ科
ルリノジコ属
【生息域】
アメリカ北部

こちらも5つの色を持つという名が付けられたルリノジコ属の鳥。
同じルリノジコ属にはキレイでカラフルな鳥が多数存在している。

7位:ミドリズキンフウキンチョウ(+その他フウキンチョウ科)


photo credit:Saíra-sete-cores by Ulrich Peters 80x15

【学名】
Tangara seledon
【分類】
フウキンチョウ科
ナナイロフウキンチョウ属
【生息域】
南アメリカ大陸

カラフルな羽色を持つ種が多数いるフウキンチョウ科の中でも、とても綺麗な配色をしている鳥。
フウキンチョウ科には本当に綺麗な鳥が多数存在している。

6位:アオボウシモリハチドリ(+その他ハチドリ科)


photo credit:Violet-crowned Woodnymph by Kathy & sam 80x15by

【学名】
Thalurania colombica
【分類】
ハチドリ科
エンビモリハチドリ属
【生息域】
南アメリカ大陸北部

鳥類最小種で花の蜜を吸っているハチドリの仲間は、蝶のように光沢のある羽色を持つ種が多数存在している。

5位:ズアオムスメインコ(+その他インコ科)


photo credit:Blue-crowned Lorikeet by William Warby 80x15by

【学名】
Vini australis
【分類】
インコ科
Vini属
【生息域】
ポリネシア諸島

もはや説明不要な綺麗な鳥として知られるインコ・オウム類。
その中でもズアオムスメインコは、緑・赤・青の配色が絶妙となっている。

4位:ニジキジ


photo credit:Himalayan Monal Pheasant #7 by Ryan Poplin 80x15

【学名】
Lophophorus impejanus
【分類】
キジ科
ニジキジ属
【生息域】
ヒマラヤ山脈近辺

日本の国鳥であるキジもオスはとても綺麗な色しているが、ヒマラヤに生息するニジキジは光沢のある羽色や頭の飾り羽を持ち、一段と綺麗になっている。

3位:ライラックニシブッポウソウ


photo credit:Lilac Breasted Roller taking off by Brian Lauer 80x15by

【学名】
Coracias caudata
【分類】
ブッポウソウ科
ニシブッポウソウ属
【生息域】
アフリカ大陸中部、南部、アラビア半島

日本にも飛来するブッポウソウはとても綺麗な鳥としてバードウォッチャーに人気があるが、海外には更に綺麗なブッポウソウが存在している。
特にライラックという花の名が付けられた『ライラックニシブッポウソウ』は綺麗な鳥として有名である。

2位:インドクジャク(+その他クジャク属)


photo credit:Peacock by Neil Turner 80x15

【学名】
Pavo cristatus
【分類】
キジ科
クジャク属
【生息域】
南アジア

綺麗な鳥の代表的存在であるクジャク。
緑色の体をしているマクジャクよりも、青い体をしているインドクジャク(のオス)のほうが色のコントラストがハッキリしていてより綺麗に見える。

1位:ケツァール


photo credit:Resplendent Quetzal (Pharomachrus mocinno) by Gregory “Slobirdr” Smith 80x15

【学名】
Pharomachrus mocinno
【分類】
キヌバネドリ科
ケツァール属
【生息域】
中央アメリカ

世界でもっとも綺麗な鳥として挙げられることが多いのが、グアテマラの国鳥で通貨の単位にもなっている『ケツァール』。
長い尾羽をなびかせ優雅に飛ぶ姿は、世界一の綺麗な鳥の名に恥じない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました